接客の上手い人の特徴!下手な人との違いは意識の高さにある?

いらっしゃいませ、kotokotoです。

この度は『接客の上手い人の特徴!下手な人との違いは意識の高さにある?』ということで、接客の上手い下手って何で決まるのか?お話していきたいと思います。

仕事上でもプライベートでも素敵な接客だなと感じることもあるでしょうし、なんか物足りなかったなと思うこともあるでしょう。

そこで今回は

  • 接客の上手い人の特徴とは?
  • 接客の下手な人との違い
  • 接客の上手い人が必ずしているポイント

上記のテーマでお届けしていきます。

接客の上手い人の特徴とは?

私自身、長い期間接客業に従事していたこともあり接客に関して自信を持っています。

そんなkotokotoが考える、接客の上手い人の特徴について取り上げていきます。

常に何かできることはないかアンテナをはる

接客をするうえで非常に重要なことですが、接客の上手い人は常にアンテナをはっていつでも対応できるように心がけています。

接客を始めたての頃の方や、苦手意識がある人は自分がこなすことで頭がいっぱいになってしまい、外に目が向いていないことがほとんどです。

お客様が見えているのに視線を下げてしまっていたり、何かできることはないか?新しく探すことをしないため、良い接客のチャンスを失っていることがあります。

まずは、お客様が何を求めているのか?そして、どうしたら喜んでいただけるのか?ということを常に意識して取り組むことで接客が上手くなっていくでしょう。

接客を楽しむ

当たり前のようなことですが、これができていない人が多いのも事実です。

最初は好きで始めたかもしれませんし、仕方なく始めた接客の仕事かもしれませんが、接客が上手くなるためにはまずはもてなす側である私たちが楽しまないと相手にも気持ちが伝わってしまいます。

私達が接客を心から楽しんでいれば、お客様に気持ちは届きますから相手も満足した印象を持ってくださるはずです。

ぜひ、接客を楽しむことから始めてみてほしいです。

臨機応変な対応ができる

特に私が接客において重要視しているのが、臨機応変な対応です。

詳しく説明すると、お客様お一人お一人にあわせた接客をするということです。

お客様は皆さん、様々なバックボーンがあり考え方も十人十色です。同じサービスを提供しても、良い接客だと思う人とそうでもないと感じる人が出てくるのはそのためです。

だからこそ、一人一人にあった柔軟かつ臨機応変な接客というのが求められますし上手い接客とはこれにつきます。

どうやったら、柔軟に対応できるかと言えばきちんと相手の話を聞くことです。

接客の仕事もある程度マニュアル化されていて皆が皆同じような言葉を使い同じような対応をしていることもありますよね。

例えば常連さんがいらっしゃればこの方は飲み物が決まっているから早めに準備をしよう!とか、足が不自由そうだからセルフサービスでも席まで飲み物を運んであげよう!など、これはアルバイトの時に実際に私がやっていたことです。

その結果、お客様から喜んでいただけて気持ちよく時間を過ごしてもらうことができるのです。

接客が上手い人と下手な人の違いとは?

先ほどまでは接客が上手い人の特徴についてお話していきましたが、努力しているつもりでも接客が下手な人もいます。

そこで、接客の上手い人と下手な人の違いはどこにあるのか?お話していきます。

接客だけではなく人間向き不向きがあります。接客が苦手ではなく、本人は頑張ろうとしていても周りからは下手に見えてしまうことがあります。

その違いは、

  • コミュニケーション能力
  • 緊張しやすい

という点が大きく上げられます。

まず、コミュニケーション能力はこれまで生きてきた中で培われてきたものなので急に会話がスムーズにできるようなることはないですよね。

コミュニケーションをうまく取れない人は下手は下手なりに、まずは印象をよくするために笑顔でいることは重要です。また、知らない人とでもすぐに打ち解けられるように接客中ではなく日常生活の中で取り入れていくのも良いででしょう。

続いて、緊張しやすいという点です。これは簡単に改善できるものではないですが、接客をすることにプレッシャーを感じてしまって相手を前にすると思っていたように動けなかったり話せなかったりするものです。

緊張してしまうのは場数を踏んでいくこと。そして、失敗やミスを恐れないことがポイントになります。

多くの人は、接客でミスや失敗をしてお客様に怒られたらどうしようという思いから緊張してしまうケースが多いです。

誰だって失敗やミスなしに今がある人なんていないです!失敗を恐れず自信を持って接客することで自然と上手くなっていきますよ。

まとめ

接客の上手い人の特徴や下手な人との違いについて、接客の上級編としてお届けしてきました。

自分にあてはまるものがあった人もいるでしょう。

本文でも書きましたが、接客が上手い人は接客することを楽しんでいるということが非常に大きいです。

接客する側の心が相手にも伝わってしまうものなので、プライベートとの切り替えを意識して接客が上手いと言われるように頑張りましょう!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。